スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣らし第一段階終了

Category : ストリートトリプルR
500km程走ったのでエンジンの回転数が6000回転まで回せるようになりました。
このエンジンはトルクの出方がフラットなので、1000回転多く回せるようになっても急に馬力が出てくることはありません。回転数に比例してパワーが発生します。
ただ、この1000回転でかなり楽しみが増えました。まず4速6000回転でおよそ、よえkm出るので速度に不満はありません。また回転の上昇と加速が鋭いので、タイトな峠道では6000回転もあれば十分すぎるほど速いです。
このバイクはデイトナ675と多くのパーツを共有しているので、かなりの速度でも破綻を感じにくいと思います。V-maxではあり得ない速度でコーナーを走ってもまだまだ余裕を感じます。フレームはがっちりしてるし、サスも路面に吸い付くように働いています。走り終わってタイヤを見ても端まで使っていません。

で、感じた事は、ハッキリ言って「怖い」ということ。

速度感の無い車体は限界点が分かりません。泉ヶ岳や定義山を短時間で往復できてしまいます。ちょっと比較がおかしいですが、V-maxの倍以上の速度でコーナーを走る事ができます。それほど速いです。なので、ビギナーに毛が生えた程度の私の腕では、転倒に繋がる可能性もありますので自制心が必要ですね。慣らしが終わればなお更だと思います。

ミドルクラスである「ストリートトリプルR」をエントリーモデルやビギナー向けと考えている人もいると思います。私もそうでした。しかし、単純な加速やパワーはリッターSS等には及ばないものの、操れる速度域やパワーは相当高いと思いますし、狭い峠道ならばSTRの方が速く走れるのではないかと思います。そのことを考えても”エントリー”や”ビギナー”向けのバイクではないと感じました。もちろん、そんなにスピードを出さなければいいだけの話しなんですけどね。
危険だと分かっていても、楽しすぎる麻薬のようなバイクなので、ゆっくり走れる自制心を持つのはかな~り大変かと。
かわいい我が子(あっ奥さんも)の為にも安全に走らないといけませんね。気を付けます。

それと、下りではやはりKTM690DUKEの方が楽に速いと感じました。見た目も含めて不思議なバイクでしたね。DUKE。
あぁ、スリッパークラッチが欲しい。
カスタムする予算が無いのに欲しいパーツが次から次へと・・・。
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Comment

非公開コメント

検索フォーム
Flashカレンダー
プロフィール

タケゴー

Author:タケゴー
宮城県のバイク乗りです!
身長164cm目線のバイク日記でございます。
ちなみに1977年式の♂です。

つたない文章ですが、宜しくお願いいたします!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。