スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[試乗] カワサキ D-TRACKER 125

Category : バイクインプレ
このブログ始まって以来初ですね。125ccのバイクです。「D-TRACKER 125」に乗って来ました。
デトラ2


・足つき
シートが低いので足つきは最高です。全く気になりません。両足かかと着いたかどうかは覚えてないです。あまりにも足つきが良く、しかも車体が軽いため不安などを一切感じなかったので考えもしませんでした。まさにタケゴーサイズ!!

・外観
全体的には小さすぎず、大きすぎず丁度良いサイズですね。ただ、ヘッドライト周りが大きくてそこだけバランス悪い気がしました。もっと小さいライトでも良いような・・・。T’sのSさんも同じ事言ってました。それ以外は125ccとしてかなり頑張った方じゃないでしょうか。さすがに所有欲をそそるまではいかないかも知れませんが、事実上KSRの後継車としてみれば歴然たる差がありますね。

・エンジン
乗る前は“ギア付き125ccは遅そうだなぁ。”と思っておりました。比較をすればアドレスなどの原付二種スクーターより遅いとは思いますが、想像していたよりもかなり速かったです。普通に車の流れをリードする事が出来るし、不快な振動も少ないです。ただ、発進するときの音がスーパーカブにそっくりなのはイマイチかな。もう少し“その気に”させてくれる音だと良かったんですけどね。
ライディング技術が無いタケゴーには操っている感があってとても楽しかったです。

・ハンドリング・ポジション
車体が軽いのでクイックな感じはしますね。仕方ないと思います。でも、それが逆に面白かったですね。加速がゆるいのでどうにでも出来そうな気になってしまいます。手の内感というのでしょうか。車体のバランスにあったハンドリングということにしておきましょう。それと、ポジションは言うこと無しです。違和感一切無し。タケゴーにジャストフィット!! お手軽に乗るにはこれ以上無いポジションでした。昔乗ってたFTRをコンパクトにした感じかな。体格の良い方には窮屈だと思いますが・・・。

・総評
Dトラッカー125の試乗中に桜が咲いていたので脇に停めて写真を撮りました。STRではおそらくやらないと思います。何が言いたいかというと景色を見ながら走ったり、気になる所があれば停まってみたり・・・という“バイクを使って何かを体験する”事が出来るバイクだと思いました。STRは走りの刺激から停まるようなことはあまりありません。せいぜい休憩するくらいです。Dトラッカー125ならば走り以外の部分も楽しく感じる事ができるのではないでしょうか。それはコンパクトさや軽さ、程々のパワーに足つきの良さなどが起因していると思います。単純に走行性能だけをみれば“125ccのギヤ付バイク”の域は脱していないと思いますが、それを補う不思議な魅力を持っていますね。
デトラ1

個人的にはKLX125ならば、さらにフィールドが広がるので楽しさが増えそうな気もしますが・・・。
いいことばかり書いてしまったのですが、気になる部分もあります。価格です。モンキーなどの額を考えると、非常に頑張ったと思います。しかし、30万以下だったら最高のオモチャになったかな、と。
重箱の隅を突きたくなる様な良いバイクですね。


D-TRACKER 125
足つき10恐怖感は一切無し。誰にでもオススメできそう
スタイリング6ヘッドライト付近以外はカッコいいです
エンジン8そこそこのパワーで面白いです
足周り7車体とのバランスが良いです
ハンドリング7公道では扱いやすすぎ
ポジション10いつもとは逆の意味で体格を選びそう
取り回し10見た目どおり何ら苦労することはありません
実用性8経済的だし燃費も良さそう。でも積載性が…
楽しさ8バイクライフとして見れば9かな
総合9このバイクがある生活っていいかも。セカンドなら。
合計83点
(満点100)
スポンサーサイト

テーマ : インプレッション
ジャンル : 車・バイク

Comment

非公開コメント

検索フォーム
Flashカレンダー
プロフィール

タケゴー

Author:タケゴー
宮城県のバイク乗りです!
身長164cm目線のバイク日記でございます。
ちなみに1977年式の♂です。

つたない文章ですが、宜しくお願いいたします!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。