スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[試乗] BMW K1300R

Category : バイクインプレ
R1200GSの次に乗った「K1300R」。以前K1300Sに試乗した事があるので、ある程度の予想はついてましたが、今回はギアシフトアシスト(オートシフター?)を試してみたくて試乗と相成りました。
試乗コースは公道田舎道で20~30km位でしょうか。先導付でしたが楽しい試乗ができました。

k1300r.jpg



・足つき
K1300S同様メチャクチャいいです。平坦な地なら片足ギリベッタリ。両足でも踵が少し浮くくらいです。路面によっては両足ギリベッタリ着きました。ビッグネイキッドの中では1,2を争うほど足つきがいいですね。車重はそれなりに感じますがこの足つきならば全く問題無さそうです。しかも、重心が低いせいかタチゴケやグラつきの恐怖感が全く有りませんでした。GSに乗った後で感覚が麻痺していたかもしれませんが、衝撃的な安心感です。

・外観
正直嫌いでした。天空の城ラピュタに出てくるロボットみたいな外観がどうにも好きになれなかったんですよね。でも実物を見てみるとこれがなかなかいいじゃないですか。男らしい無骨なデザインとBMWらしい唯一無二な外観が個性を主張しまくりです。食わず嫌いってこういうことを言うのかなと思いました。今となってはやや好きな部類に入ってしまいましたね(笑)

・エンジン
感覚的にはK1300Sに近い感じですが、“音”が違うように感じました。Sのような突き抜けるような音はせず、ネイキッドらしい低音が効いた排気音です。まぁ、音は好みでしょうかね・・・。パワーやら扱いやすさやらはSと同様なのですごく楽しいです。で、ギアシフトアシストですが、要は回転をある程度合わせていればアクセル・クラッチ操作無しでギアチェンジが出来るというもの。初めての感覚ですが感動的に楽しいです。変速ショックも少なく、アクセル操作も不要なのでオートマに近い感覚で運転を楽しむ事が出来ます。パワーのあるバイクなのでクラッチ操作が無いだけでも疲労はかなり少なくなりますね。ツーリングをするにはもってこいな装備だと思います。いろんなバイクに取り付けできればいいのになぁ。

・ハンドリング・ポジション
ハンドルは遠く感じましたが、どこかが痛くなるほどでもありません。私程度の体格でも問題無いと思います。足つきの良さとポジションのコンパクトさからものすごくバイクが身近に感じます。操っている感があってとても楽しいですね。ウィンカーも通常のプッシュキャンセルタイプなのでGSのように戸惑うこともなく自然にバイクに乗る事が出来ました。

・総評
乱暴に言うとSTRのパワーアップバージョン。あらゆる部分が違うものの乗っているときの爽快感が似ている気がしました。以前「S」に乗ったときも同じように感じたので、どこか通じる部分があるのかもしれません。ただ、グリップヒーターやギアシフトアシスト等の快適装備、デュオレバー、パラレバーなどBMWの独自技術などがK1300Rには装備されており、乗っているときの安心感は桁違いでした。峠道だったらSTRの方が速く走れると思いますが、K1300Rはある程度の速さを淡々と疲れ知らずで運転できそうですね。ただ、商品力としてみると兄弟車のK1300Sの方に魅力を感じてしまいますね。これは好き好きだと思いますが。


K1300R
足つき10K1300Sと同じでものすごくいいですね
スタイリング6ものすごく好みが分かれそう
エンジン9Sほどではありませんが回して楽しめ低速でも楽しめます
足周り10絶大な安心感がありますね
ハンドリング10ものすごく自然に曲がる事が出来ますね
ポジション10小柄な体格でも受け入れてくれます
取り回し8意外と楽に出来ました
実用性6やはり高価かと
楽しさ7ギアシフトアシスト最高です
総合7もう少し安ければブレークしそうですね
合計83点
(満点100)
スポンサーサイト

テーマ : インプレッション
ジャンル : 車・バイク

Comment

非公開コメント

検索フォーム
Flashカレンダー
プロフィール

タケゴー

Author:タケゴー
宮城県のバイク乗りです!
身長164cm目線のバイク日記でございます。
ちなみに1977年式の♂です。

つたない文章ですが、宜しくお願いいたします!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。